伝統にんにく卵黄効果

伝統にんにく卵黄の意外と知られていない効果・効能とは?

伝統にんにく卵黄の効果として期待できるのは、次の5つです!

スタミナ効果
冷え性を改善する効果
動脈硬化を予防する効果
免疫力を高める効果
風邪を予防する効果

 

スタミナ効果

にんにくのにおいの成分であるアリシンは疲労回復に欠かせないビタミンB1と結合すると、
アリチアミンという物質に変化します。

 

アリチアミンは活性持続型B1とも呼ばれ、吸収力が高まり、スタミナ効果を発揮します。

 

冷え性を改善する効果

にんにくに含まれるアリシンは加熱するとスコルジニンという強壮成分に変化します。

 

スコルジニンは毛細血管を拡張して新陳代謝を高めることから、
冷え性や神経痛、筋肉痛などの改善の効果が期待できます。

 

動脈硬化を予防する効果

にんにくに含まれるアリシンと卵黄に含まれるレシチンには、
悪玉(LDL)コレステロールを減らし、善玉(HDL)コレステロールを増やす働きがあります。

 

アリシンとレシチンの相乗効果で、コレステロールの増加を抑制して、血液が固まるのを遅らせるため、
動脈硬化予防に効果が期待できます。

 

免疫力を高める効果

にんにくのホルモンの分泌を促す働きは、生体のバランスを回復し、
リズムを整えることにより、自然に体の抵抗力・免疫力を高めてくれます。

 

風邪を予防する効果

にんにくに含まれるアリシンの抗ウイルス作用により、風邪の予防になります。

 

アリシンには強力な殺菌効果があり、細菌やウイルスにも効力を発揮するため、
風邪だけでなく、インフルエンザにもかかりにくくなります。

 

 

スタミナ効果や冷え性の改善、風邪の予防の効果はなんとなく知っていましたが、
動脈硬化の予防や免疫力を高める効果まであるなんて、知りませんでした!

 

にんにくが世界各国で、薬効が認められ、古代から利用されていたことにも納得です!

 

気になる伝統にんにく卵黄の副作用はこちらです!

 

にんにく卵黄

↑健康家族 伝統にんにく卵黄 公式サイトはこちらです↑

ホーム RSS購読 サイトマップ